雨上がりの空とアインシュタイン

maison&eocur blog

今日は、雨上がりの空があまりにも美しかったので記事にしました。

大きな雲が固まりになって浮かぶ夏の空が大好きです。
そして夜の藍色の空の中を、ゆっくりと群れをなすように流れていく雲は、まるで生き物のようにも感じます。

宇宙には果てがあるのか、それとも宇宙に果てなど存在しないのか、それすらまだわかっていない未知の世界を感じると、小さいことなどどうでもよくなってしまう今日この頃です。
では、宇宙に因んでアインシュタインの名言を一つ。

「男は結婚するとき、女が変わらないことを望む。
   女は結婚するとき、男が変わることを望む。お互いに失望することは不可避だ。」

宇宙とは関係のない言葉かもしれないですけど、男女のことも考えてみたら未知な世界ですよね。
それにしても、彼はいくつの時にこれを思ったんでしょうね。ちょっと気になります。
何かに気づき多くを知っているような、でも何時までも赤ん坊のようなまっさらな好奇心があって、ユーモアを忘れない普通の人であるアインシュタインが私は好きです。

_2016年7月31日

------------------------------------------------------------------------------------------------------

decorum ホームページ :decorum